出産後は、女性ホルモンの関係で抜け毛が発生します。

それを最小限に抑えて、できる限り少ないダメージで産後脱毛症を乗り切る方法はいくらでもあります。

しかし、「産後」というタイミングではそれが困難である可能性が高いのです。

産後というタイミングと抜け毛対策について考察してみましょう。

 

育児で忙しい時期

筆者は独身で、出産の経験はありません。しかし、家庭を持つ友人から話を聞けば、誰もが育児の大変さを語ってくれます。

その中でも、特に初めての出産と育児については短片だったと、どの友人も口を揃えて言うのです。赤ちゃんのお世話につきっきりで、自分のための時間を取れる人は少ないです。

何度も出産を経験していると、次第に育児も手馴れてくるのですが、シッターの仕事でもしない限りそこまで簡単に経験を積めるものではありません。

多くの母親が、慣れない育児に右往左往しています。

自分の時間が取れないということは、当然ながらヘアケアに気を回している余裕も少ないです。

妊娠するまではヘアケアに注力していた人も、妊娠・出産を機になかなかヘアケアのための時間を取れない人が多いです。

しかし、ヘアケアができないということは、髪や頭皮はダメージを蓄積しているということです。そんな状態では、抜け毛が増える温床を作っているのも同じです。

 

産後脱毛症は回復・改善できるものの・・・

しかしながら、産後脱毛症の最大の原因は「妊娠による女性ホルモンの急激な変化」です。

妊娠中に増える女性ホルモンの中に「髪が抜けるのを抑える」という働きを持ったものがあります。

妊娠中に抑えていた抜け毛が、産後のホルモン分泌量が元に戻る影響で一斉に抜けてしまうのが産後脱毛症の原因です。

これ自体は自然なヘアサイクルの流れによるものなので、時間が経てば次第に髪の毛は元通りに生え揃います。

しかし、髪や頭皮をケアすることで健康的で美しい髪を育てることができるのは、妊娠前と同じことです。

逆に言えば、ヘアケアを怠ることで頭皮環境が悪化し、抜け毛が増えてしまう可能性もあります。しかも、産後は「育児」という忙しい時期でもあり、ヘアケアのための時間が取れません。

その結果、頭皮環境は悪化してしまい、ホルモンバランスによる抜け毛以外の抜け毛の原因となってしまうのです。産後脱毛症は老化などによる発毛細胞の機能低下ではありませんので再び髪は生えてきます。

しかし、育児で時間が取れずにヘアケアを怠った状態では、妊娠前と同様の健康的な髪を維持できるかどうかは分かりません。

 

意識して時間を作ることが重要

産後脱毛症は誰にでも起こることであり、抜けた髪も時間の経過とともに回復していきます。しかし、ヘアケアを怠ることで以前のような健康的な髪を育てられる保証はありません。

産後に髪が抜けたからこそ、ヘアケアは大切なのです。

そのため、意識して時間を作り、ヘアケアのための時間を確保する必要があるのです。産後の頭皮環境は悪く、栄養不足と乾燥しやすさが目立ちます。

栄養のある食事をしっかりと食べ、刺激の少ないシャンプーやトリートメントで頭皮環境を改善することが重要です。

ただし、赤ちゃんのお世話が蔑ろになったり、睡眠時間を削ってまでヘアケアに盲目的になる必要はありません。

あくまでも育児と自身の健康を第一に考え、その中で可能な限りヘアケアに割ける時間を確保することを考えましょう。

 

まとめ

産後は育児に追われ、ヘアケアのための時間の確保が難しいです。

産後脱毛症自体は自然なことですが、ヘアケアを怠って頭皮環境が悪化すれば元通りになる保証はありません。

育児と自身の体調を最優先にして可能な限り時間を確保し、十分な栄養摂取と低刺激のトリートメントで頭皮環境を改善しましょう。