出産を終えた女性の中には、産後特有の抜け毛に悩まされる人がいます。

多くの場合は理由がはっきりしていて、対策しようがないにしても抜けた髪はまた生えてくることがほとんどで安心できます。

しかし、中には産後の女性本人が原因となる抜け毛もあり、放置しておきのは危険なものもあります。

今回は産後の抜け毛と「産後ダイエット」の関係についてまとめてみました。

産後ダイエットとは?

私たち女性は、妊娠することでお腹がふっくらとなりますよね。

「ふっくら」なんて表現は甘いですかね、「どっしり」としていますかね?

まあ、おなかの中に赤ちゃんが居るのですから当然なのですが、膨れたお腹の正体は赤ちゃんだけではないんですよ。

お腹の中の赤ちゃんを保護するために、妊娠中の女性はお腹に脂肪がつきやすくなります。

これは妊娠による助成ホルモンの上昇によるもので、脂肪によってお腹の中の赤ちゃんを守る役割を果たしてくれます。

この脂肪、出産とともになくなるとかそういうわけではなく、意識して落とさなければならないんです。母もそうだったらしいですが、出産を終えてもお腹が妊娠前よりもぷよぷよしているんです。

ただし、この脂肪はいわゆる「セルライト」とは逆の性質を持っており、「落としやすい・流動性の脂肪」なのです。

なので、適切なダイエット法を実践していれば簡単にダイエットが可能なのです。

 

産後ダイエットと抜け毛の原因

しかし、間違った方法で産後ダイエットを行うと、抜け毛を増やす原因となってしまう可能性があります。

ダイエットといえば思い浮かぶのが「食事制限」です。

確かに、摂取カロリーが少なくなれば、それだけ余剰エネルギーが体脂肪になる事もないでしょう。

しかし、食べる量が少なくなるということはすなわち「栄養の摂取量も少なくなる」ということです。私たちの体は数多くの栄養を必要として、それを食べ物から摂取して体を動かしています。

エネルギーだけでなく、体を構成する細胞の分裂によって体の成長や修復も行わなければなりません。私たちの髪の毛も主に「タンパク質」から出来ていて、その合成に必要な「亜鉛」など、他にも様々な栄養が髪の毛の成長に必要です。

その材料たるタンパク質などの栄養が不足している状態で、果たして健康的な髪の毛を育むことができるでしょうか?

当然ながら、栄養が不足してしまえば髪の毛も細く成長することになり、抜けやすくなってしまいます。

また、エネルギー不足によって代謝が悪くなれば、栄養を体中に行き渡らせる能力も低下してより栄養不足の状態になってしまいます。

 

正しい産後ダイエットの方法とは?

産後ダイエットの正しい方法の基礎とは「バランスの良い食事」と「無理のない運動」です。

産後は授乳の必要性もあり、栄養が不足することは髪の毛だけでなく赤ちゃんにも影響します。

そのため、しっかりと食事によって栄養を摂取する必要があります。ただし、食べ過ぎはもちろんNGです。栄養が不足しない程度に抑えましょう。

次に運動ですが、産後すぐの体力の低下している時には運動は適しません。

体力が低下している時に運動をして体調を崩せば、髪の毛にも当然ながら良くありません産後ある程度時間を置いてから運動に取り組みましょう。数ヶ月であれば脂肪はまだ落ちやすい性質を保っていますから、焦る必要はありません。

 

まとめ

妊娠によって胎児の保護のためにお腹に脂肪が付きます。

その脂肪は落としやすい脂肪であり、ダイエットで簡単に落とすことができますが、間違ったダイエット法だと抜け毛の原因となります。

髪の毛のためにも栄養のバランスのとれた食事を心がけ、産後すぐの運動は控えましょう。