皆さんは「出産後に髪の毛が多量に抜ける」という「産後脱毛症」について聞いたことがないでしょうか?

筆者も成人してからその話を聞きましたが、実際に友人が初めての出産を終えたあとに髪の毛のボリュームを失っていたのを覚えています。

そのメカニズムははっきりとしているのですが、きちんと理解しておかないと余計に髪の毛が抜けてしまうかもしれませんよ?

原因は「育児」によるもの

産後脱毛症の大きな原因としては「女性ホルモン」が挙げられます。妊娠によって分泌量が増える女性ホルモンには「髪の毛が抜けるのを防ぐ」という働きがあり、それが出産後に減少することで一気に抜け落ちるのです。

これは自然なことであり、発毛細胞の衰えによる脱毛症とは違って抜けた髪は時間とともに生え揃います。

しかし、出産後に抜け毛が増える原因はそれだけではありません。

筆者は出産・育児の経験はないのですが、経験者から聞いた話はどれも「苦労話」ばかりでした。

特に初めての出産・育児である場合、経験したことがないというハンデの中で赤ちゃんを育てなければならず、相当なストレスと疲労を感じているそうです。

そう、これらの「ストレス」「疲労」が、抜け毛を促してしまうのです。

ストレスや疲労の蓄積は、血行を悪化させる原因となります。髪の毛は毛細血管から栄養を受け取り、それを材料にして髪の毛を成長させていきます。

血行が悪くなるとうことは、栄養を全身に運ぶ血液の流れを悪くするということです。

それだけ、運ばれる栄養の量も少なくなってしまいます。材料となる栄養が不足してしまうのですから、髪の毛も細く成長してしまいます。

細い髪の毛は抜けやすくなり、抜け毛を促してしまうのです。

 

ホルモンによる脱毛がストレスを加速させる

先程も触れましたが、産後脱毛症の根本の原因は「女性ホルモンの増減」です。

妊娠中に髪の毛を維持していた女性ホルモンが出産後に減少(元に戻る)ことで、一気に抜け毛が発生してしまいます。

これは時間の経過とともに再び生え揃いますが、女性にとって「髪が抜ける」というのは相当なダメージなのです。

「髪は女性の命」という言葉もあるように、髪は女性にとって大きな意味を持ちます。

そんな髪の毛がごっそり抜け落ちてしまった時のショックは大きいものです。それがストレスとなり、余計に抜け毛を増やしてしまう可能性があります。

これも、今まで産後脱毛症を経験したことがない人に顕著で、今までに産後脱毛症を経験したことがある人は身をもって「また生えそろう」ことを知っているので、仮にホルモンによる産後の脱毛が起こっても精神的ダメージは少ないのです。

 

ストレスも疲れも溜め込まないことが重要

ホルモンバランスによる産後の脱毛は防ぐのが困難ですが、ストレスや疲労は工夫次第で解消できるものです。

まず、「産後は髪が抜けるのは自然なこと」という認識をしっかりと持っておくことです。

もちろん、人によっては出産後に髪が抜けなかった人もいるでしょうが、基本的には出産によって髪は抜けるものであるという認識を持っておきましょう。

次に、「育児については頼れるものは頼る」ことです。

育児は母親の仕事という強迫観念は持たず、辛いことがあれば旦那さんや親族、近所の知り合いを頼ることを選択肢として持っておきましょう。

ただでさえ出産によって体調も本調子ではないのですから、無理は禁物です。

後は、「ストレスの発散」を心がけることです。育児によってストレスが溜まることは、ある意味で仕方のないことです。

しかし、ストレスを溜め込むこととは別問題で、ストレスが溜まってもそれを発散する方法があれば、体調を崩すようなことも少ないでしょう。

 

まとめ

主に育児によるストレスと疲労によって血行が悪くなり、髪がやせ細ることで抜け毛を促進します。

また、ホルモンの減少による脱毛もストレスの原因となります。ホルモンによる脱毛は再び生えそろうという認識を持ち、ストレスも疲労も溜め込まないのが重要です。