出産は、特に女性にとっては人生の一大イベントと呼べる出来事です。

待望の赤ちゃんを出産したら、次は育児で大忙し。しかし、そんな忙しさをあざ笑うかのように襲いかかる「産後の抜け毛」。

女性にとって命と表現できる髪の毛がなぜ産後に抜けてしまうのか、今回は「黄体ホルモン」にフォーカスを当ててみたいと思います。

黄体ホルモン=女性ホルモンの一種

まず、「黄体ホルモン」について説明しておきます。

黄体ホルモンは、女性ホルモンの一種であり、別名「プロゲステロン」といいます。

黄体ホルモンは、もうひとつの女性ホルモンである「エストロゲン」と一緒に女性の体の状態を整える働きをしています。

黄体ホルモンは主に排卵後から次の生理にかけて分泌され、黄体ホルモンの分泌量が多い時期を「黄体期」といいます。

人によっては黄体ホルモンの影響で生理痛の症状を呈することもあり、これを「生理前症候群(=月経前症候群・PMS)」といいます。

また、黄体ホルモンには「体温を上げる」という働きもあり、黄体期には基礎体温が上昇します。

産後脱毛症に関連する働きとしては「体毛の成長期を維持する」という働きがあります。

この働きだけ見れば黄体ホルモンが脱毛の原因になるとは見えませんが、実は妊娠と出産というアクションが、黄体ホルモンによる脱毛症の原因となるのです。

 

妊娠・出産によって崩れるホルモンバランス

女性は妊娠することによって、女性ホルモンの分泌量を上昇させます。

これは、妊娠に適した体の状態を作り、それを維持するためのもので、出産を終えることでホルモンの分泌量も妊娠前の状態に戻ります。

妊娠前と出産後のホルモンの分泌量はほぼ一致しますが、出産後のホルモン量は妊娠中に比べると少ないと言えます。

ただ、これは妊娠中の分泌量が多いというだけで、出産後のホルモン量そのものが少ないというわけではありません。

要するに、出産によってホルモン量が元に戻るということになるのですが、この「元に戻る」というのが産後脱毛症の原因となるのです。

 

黄体ホルモンが悪者ではない

黄体ホルモンの持つ「体毛の成長期を維持する」働きと、「妊娠による女性ホルモン分泌量の上昇」そして「出産による女性ホルモン分泌量の減少」の3つが合わさることで、産後脱毛症をもたらしているのです。

順を追って説明していくと、

まず、女性が妊娠することで黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。

黄体ホルモンには「体毛の成長期を維持する」、つまりは「体毛が抜け落ちにくくなる」という働きがあり、妊娠中は体毛が抜けにくくなります。

そして、出産を終えることで女性ホルモンの分泌量は減少し、元に戻ります。

当然、黄体ホルモンも減少するので、今まで体毛の抜け落ちるのを阻止していたのがなくなり、一斉に髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

元々、髪の毛を含む体毛には「ヘアサイクル」という、髪が生えては抜けるという周期があるのですが、黄体ホルモンは本来は抜け落ちるはずの髪の毛を抜け落とさまいと無理やり押さえつけていたようなものなのです。

それがなくなり、本来既に抜け落ちているはずの髪の毛が出産後に一気に抜け落ちてしまうのです。

つまり、出産後に髪の毛が抜け落ちるのは、妊娠中に抜け落ちるはず去った髪の毛が、そのツケと言わんばかりに抜け落ちているだけなのです。

ヘアサイクルによって再び髪の毛は生え揃いますので、長い目で見れば問題ない症状です。

 

まとめ

妊娠によって黄体ホルモンが多く分泌され、髪の毛の抜け落ちるのを防ぎます。

出産を終えることで黄体ホルモンの分泌量が元に戻り、本来既に抜け落ちているはずの髪の毛が支えを失って一気に抜け落ちるのが産後脱毛症です。

へアサイクルが元に戻ることで、髪の毛は再び生え揃います。