女性も男性ホルモンによる男性型脱毛症になりやすいという話は前述いたしました。

そのときに女性ホルモンのバランスの乱れからも関係するというお話をほんの少しだけ紹介しました。

しかし、実際はもっと深く女性の抜け毛・薄毛に女性ホルモンは関わっているわけで、ここを省略すると、本当の意味での女性の抜け毛・薄毛の解決にならないと考え、ここに改めて詳しく、わかりやすく紹介したいと思います。

女性ホルモンの仕組み

女性ホルモンは男性ホルモン以上に複雑な仕組みになっています。この仕組みは全てが妊娠、出産を可能にするための準備のものです。生理前、出産後など髪の毛が抜けやすくなるといった現象がおきやすいのは女性ホルモンの影響なのです。

女性ホルモンには、卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンから成り立っています。

この二つをひっくるめて女性ホルモンと便宜上、言いますが、この二つのホルモンは異なる働き、作用を持っています。

 

エストロゲン

美のホルモンとも言われ、女性の美しさを演出し、女性らしい体のシルエットを作ります。

女性の艶やかでハリのある美しい肌を作るコラーゲンの生成を促します。コラーゲンが生成されるということは髪にも好影響を与えます。抜け毛・薄毛と言ったトラブルを抑えます。

このエストロゲンの分泌が多い時期は体も肌、髪もいい状態で落ち着いています。

 

プロゲステロン

プロゲステロンの分泌が多い時期を黄体期と言います。このホルモンの分泌量が増加してくると、むくみ、腰痛、腹痛、頭痛、不眠、イライラ感などが生じてきます。

生理前になると体の不快症状が出たり、抜け毛・脱毛が多いのはプロゲステロンの分泌量が多くなることが原因です。

又、美のホルモンであるエストロゲンが低下する時期でもあります。

このような不快症状が強くなることをPMS(月経前症候群)と言います。

 

PMSによる抜け毛・薄毛

生理前になるまではエストロゲンが一定量分泌されていて、それなりに肉体的、精神的にも良好な状態を維持しています、

その良好な状態に生理が近づいてくると、毛髪の成長期を持続させる働きがあるエストロゲンの分泌が減り、プロゲステロンの分泌量が増加してくるため、抜け毛が増えてきます。

プロゲステロンは、皮脂を過剰に分必させてしまうため、頭の毛穴からの皮脂量も増えてきます。この過剰な皮脂が毛穴を詰まらせ、抜け毛等の原因となります。

ただ、PMSのこのような症状は生理が始まれば、解消されるので、生理がきても自然に治らないいようであれば、別の病気が原因と考えられますので、病院を受診しましょう。

 

妊娠中に抜ける人も

妊娠中はプロゲステロンが多く分泌される時期です。プロゲステロンは毛髪の成長を促す作用があります。毛髪の成長期を延長させるので、理論的に言えば、抜け毛はあまりない時期と言えます。

しかし、そのような傾向があるにも拘らず、抜け毛が増える人がいます。二つの女性ホルモンはバランスよく保たれている時は毛髪もいい状態なのですが、中には、色んな原因で女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、毛髪は抜けるという現象がおきてしまいます。

また、妊娠初期はつわり、体調不良もあって、食欲が減退してしまいます。毛髪の成長のための細胞分裂は、非常にエネルギーと栄養を必要とします。

妊娠中の栄養不足、鉄欠乏性貧血などは、毛髪の成長を抑えて抑えてしまいます、特に毛髪はたん白質で構成されているため、毛髪が材料不足になって痩せてしまいます。

 

産後の抜け毛・薄毛はいつまで続く?

妊娠中はプロゲステロンなどの働きで毛髪の成長期の延長もあり、毛髪は抜けにくくなっています。出産後はプロゲステロンの分泌が減少し、今まで抜けずに、頭皮にしがみついていた毛髪が一気に抜けはじめます。

今まで抜けることが無かった毛髪が抜けるので単なる生理現象として捉えることができるのですが、シャンプーした後、排水溝に溜まった毛髪の量の多さに驚く人も多いようです。

大まかなヘアサイクルは毛髪が生える成長期(2~6年)、毛髪が抜けていく退行期(2~3週間)、次回、毛髪が生えてくるまでの休止期(2~3か月)です。

産後は自覚できるほどに抜け毛があります。休止期に入る合図でもあります。この休止期、つまり次に毛髪が新しく出てくるまでに2~3か月要するということです。

この時期を過ぎれば、成長期に入り、新しい毛髪のお目見えとなります。そして妊娠前の清浄なヘアサイクルに戻っていきます。

要するに、プロゲステロンやエストロゲンの量やバランスによっても変わってきますが、大体、平均すると、産後半年~1年以内で元通りの髪になると考えられます。

また、ホルモン以外でも考えられるのは「子育てへの不安によるストレス」「授乳への体の負担」「忙しい家事」「睡眠不足」などが原因でも薄毛に。

このような原因で薄毛になるとき、毛髪だけでなく、肌荒れ、体調不良なども重なっているはずなので自分の体にしっかりと向き合いましょう。

 

更年期の抜け毛・薄毛

一般の女性であれば、更年期は40半ばぐらいから始まり、長い人で60前後まで続きます。

この間に経験する色んな不快な諸症状は、主に女性ホルモン、特にエストロゲンの分泌低下によってひきおこされます。

抜け毛等もエストロゲンの急激な減少によっておきます。エストロゲンが減ると、休止期が長くなり、成長期は短くなるので、髪が生えない期間が長くなります。

やっと生えてきた毛髪は細くなっています。その結果、髪のボリュームが減り、薄毛都なります。このように全体が薄毛になっていく症状をび漫性脱毛症と言います。

男性は頭頂部と前頭部にかなりの脱毛が見られるのに対して、女性は、頭全体のボリュームが減るといった性差があります。

閉経直後あたりになると、エストロゲンが激減し、男性ホルモンであるテストステロンの存在が目立つようになり、髭が出てきたり、男性型脱毛症になりやすくなることも。

 

女性の抜け毛・薄毛対策

髪に栄養を

髪にいい食事とは生活習慣病予防に奨励されているメニューがピッタリです。

健康な髪を作るためには毛根の中でひしめき合っている細胞をイキイキさせ、勢いよく増殖させなくてはいけません。

 

体と髪はつながっている

正しいシャンプー方法を行ない、高価な発毛剤、育毛剤をつけても、土台となる体つくりができていなければ、抜け毛・薄毛は改善されません。

極端なダイエット、貧血、睡眠不足などで体調不良な体に良質な髪が生えるはずありません。

極端なダイエットで体が細なくれば、髪も細くなります。

肥満だったり、高血圧だったりで髪が抜ける、髪が薄くなるのであれば、肥満、高血圧を改善することに重点を置いてみましょう。

いつの間にか髪の毛のトラブルも改善に向かっています。髪を治すためにまずは、全身ノケアから始めましょう。

 

白髪は抜かない

女性は薄毛以外に白髪も気になります。白髪についてはまだ不明な点も多々、あり、はっきりしたケアはまだ推測ですが、それでもやらないよりはやったほうがいいようです。

白髪は若白髪は別にして、主に加齢や貧血などで増えます。そのため、血液にある栄養分を毛根の中にある毛母細胞に送り込んでやることも白髪の進行を緩和させる方法の一つです。

血行を良くする頭皮マッサージは薄毛だけでなく、白髪にも有効です。

また、白髪は抜かないで。ヘアサイクルの中で自然に抜け落ちるまで待ちます。どうしても目立つのであれば、ハサミで髪の根元を切ってしまいましょう。