今回のポイント

  1. 眠ってから3時間の間、熟睡することが育毛につながる
  2. 細胞を活性化させる成長ホルモンは、間違った生活習慣が分泌を妨げる
  3. 運動する習慣を身に付ければ、ストレスの発散、脳のリラックスにつながる
  4. 更年期に発生するさまざまな症状は、女性ホルモンを増やすことで解消できる
  5. 寝具の色を変えるだけで、睡眠時間に1時間もの差が出る

睡眠は大切なヘアケアタイム!

みなさんは毎日、ぐっすり眠れていますか?

年齢を重ねると眠りが浅くなったり、早朝に目が覚めてしまったりと、さまざまな睡眠の悩みが出てきますよね。

睡眠というのは、カラダと心の疲れを取るための重要な時間ですから、睡眠時間が短くなって眠りの質が低下すると、頭皮環境も悪化します。

 

今回は、睡眠と育毛の関係を徹底解説!

自分に合った育毛剤を見つけても、細胞レベルできちんとケアができなければ、髪の毛を作り出す毛母細胞は弱ってゆくばかり・・・。

正しい睡眠は、元気な頭皮と美しい髪の毛を作り出しますから、しっかり知識を身に付けて、できることから改善を進めてゆきましょう。

 

お肌のゴールデンタイムという考えは古い?

人間のカラダの細胞というのは、常に古い細胞が新しい細胞に生まれ変わっています。

これがよく耳にする、「新陳代謝」ですね。

お肌に湿疹ができたり、傷ができたりしても元通りになるのは、細胞が再生されるからです。

 

細胞の生まれ変わりが最も活発になるのは睡眠中で、「成長ホルモン」の分泌が大きく影響します。

成長ホルモンは、眠りについてから3時間の間に分泌量が最大になるため、この時間帯に熟睡することが毛母細胞の生まれ変わりに欠かせません。

 

ちなみに、昔から22~2時の間が“お肌のゴールデンタイム”と言われ、お肌の美容のために早寝が必要とされてきましたが、

最近の研究では、特定の時間ではなく、睡眠に入ってからの熟睡度のほうが重要だということが分かっています。

もちろん、早寝が美容にいいことは、言うまでもないことです。

ただ、早寝をしたくても忙しくて無理、なんてストレスを抱えてしまったら、それが不眠につながっちゃいますから、ベッドに入る時間はあまりに気にしなくてもいいですよ!

 

ここで、成長ホルモンについて、もう少し詳しく解説しておきましょう。

このホルモンは、細胞の生まれ変わりだけでなく、脳の疲労回復や免疫機能の向上といった役割を持っていますが、睡眠の質が低下すると分泌量が低下して、生命活動を鈍くさせてしまうのです。

頭皮や髪の症状で言うと、栄養素や水分が細胞に行き届かなくなり、新しい毛がつくられなくなったり、切れ毛や枝毛が発生したりします。

また、髪を支える頭皮に炎症が起きやすくなり、毛母細胞がどんどん弱くなってゆき、抜け毛が増える、成長途上の髪が抜けるといったことが増えます。

成長ホルモンは、睡眠が正常でも、加齢とともに分泌量が減ってきますから、30才を過ぎたら生活習慣を改善し、食生活にも気を付けるようにしましょう。

 

成長ホルモンの分泌が減る習慣とは?

では、具体的な改善ポイントを挙げてゆきましょう。

 

(喫煙)

タバコに含まれるニコチンは、血流を悪化させるだけでなく、成長ホルモンの分泌まで減らしてしまいます。

大切な髪を守るためだったら、喫煙習慣は真っ先に改善したいポイントですね。

 

(ストレス)

わたしたちのカラダは、日中は交感神経がはたらいていて、夕方ごろから副交感神経にスイッチが切り替わり、夜になると自然と眠くなります。

でも、ストレスが溜まり過ぎた状態だと、この切り替わりがうまくいかなくなり、ベッドに入っても交感神経がはたらいて、睡眠を妨げてしまいます。

時間がない生活を送っていても、自分の趣味を楽しむ時間を積極的にとり、笑顔を絶やさないクセを身に付けましょう!

無理に笑顔を作っても、脳はちゃんとリラックスしてくれるんですって!

 

さっそく今、笑ってみましょう(^o^)!!

 

(運動不足)

運動不足もカラダに悪いと分かっていても、なかなか改善できない習慣ですよね?

でも、これもハリとツヤのある美髪を手に入れるためと認識して、短時間でもいいから毎日運動しましょう。

 

運動すると、エンドルフィンというリラックス物質が脳から分泌され、ストレスの解消につながります。

また、コルチゾールというストレスホルモンを抑える一方で、セロトニンという精神安定物質の分泌が増えるので、リラックスした状態が作れるのです。

手軽にできるヨガ、ストレッチでもいいので、今日から始めてみませんか?

 

更年期に入ったら気を付けたいポイント

 

成長ホルモンの分泌量は、更年期にさしかかった頃、一気に減ってしまいます。

不眠だけでなく、イライラ、発汗、頭痛、気分の浮き沈みなど、さまざまな症状が出るのが特徴。

これらは、女性ホルモンのバランスが崩れることで起き、仕事や家事のストレスが状況を悪化させることもしばしば。

 

そこで、みなさんに覚えておいて頂きたいのは、

「良質な睡眠をとって成長ホルモンを増やせば、更年期の症状は緩和される」

ということです。

 

下記に、その方法を挙げてゆきます。

カラダを温めるものを食べる、冷たい飲み物を避けるなどして、冷えを避ける

体温が低い状態だと、ベッドに入ってから眠りにつくまで時間がかかりますし、眠りが浅くなってしまいがちです。

根菜やショウガ、トウガラシなど、カラダがポカポカになる食べ物を積極的に食べ、冷たい水を飲むのは避けましょう。

 

夜ご飯は9時までに食べる

胃に食べ物がある状態だと、就寝中も胃腸が活動するため、成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

食事が遅い時間になってしまったら、消化のよい食べ物を選び、量は少なめにするといいですよ。

 

朝日を浴びる習慣を身に付ける

わたしたちのカラダは、体内時計がはたらいていますが、睡眠が不規則になると乱れがちになります。

それをリセットするのが、朝の太陽を浴びること。

これによって、メラトニンという物質が分泌されて、不眠に悩んでいる方でも、次第に夜は眠くなるようになります。

カラダって、本当によくできているんですね~。

 

寝具や寝室のインテリアに、青色を多く使う

最後に、熟睡を得るために、ぜひ、実践して欲しい工夫を紹介したいと思います!

わたしも実際に試してみて、効果をハッキリと感じました。

 

まず、寝室の照明を間接照明にすること。

suimin-syougai-1

「蛍光灯のような青白い光は脳を活性化し、間接照明の赤い光は眠気を誘う」

ということが、医学的にも証明されています。

真っ暗の状態だと、人間は無意識のうちに恐怖心を感じてしまうので、寝る直前までは、足元を照らす照明だけ点けておくと、心が落ち着くんだそうです。

 

室温や湿度を最適にするのも、とても重要です。

夏は室内温度を25度、冬は18度前後に設定。

湿度は50~60パーセントをキープするように、エアコンや加湿器で調整します。

 

また、気分転換を兼ねて、寝具やカーテン、インテリアなどを変えてみるのもいいでしょう。

眠りを誘うのは青色。

心拍数や血圧が下がるなど、科学的根拠があるんですよ。

 

緑や黄色、オレンジ色もリラックス効果がとても高く、お医者さんもおススメしている色です。

逆に、避けたほうがいいのは紫色。

この色は精神を刺激してしまうので、悪夢を見たり、寝起きが悪い状態が続いたりしまいます。

意外なのは、茶色も睡眠の妨げになるということです。

自然の色なので、寝具に使われていることが多いですが、脳は逆の反応をしているようで、イギリスのホテル会社が、青色の寝具と比べると、平均睡眠時間が1時間以上も少なくなるという調査結果を発表しています。

日本人とイギリス人とでは差があるかもしれませんが、日本の国立大学でも同じような研究結果が出ているので、科学的根拠があると思いますよ。